渡辺謙と南果歩の離婚について

女優、南果歩の宿命は婿取り運です。
その為に、最初に結婚した男性は辻仁成氏ですが、彼は他家に婿入りする運命の持ち主、この二人は辻氏が嫁を取るのではなく、南果歩の婿に入ったなら、離婚は避けられたでしょう。
又、辻氏は再婚しますが、その相手の女優中山美穂も、同じく婿取り運、辻氏が中山家に婿入りしたなら、離婚は避けられたが、その逆では離婚は避けれられない。
渡辺謙も女系家系の生まれで、彼は他家に婿入りする運命、故に彼は最初の結婚から離婚して、女優南果歩の家に入り、共に結婚生活をしたが、彼が完全に、南家の婿に入ったなら、離婚は避けられたでしょう。
この様に、婿入り、婿取りの宿命の持ち主同士は、縁が有って、出会いがあります。
しかし、結婚のスタイルが間違って居ます。
素直に婿を取り、婿入りしたなら、離婚は避けれられたてしょう。
己を知り、運命を知って、世間体とか、対面とか、重んじる事無く、愛する者同士、素直になっていたら、不幸な出来事は起こらなかったと思いますね。

   
 粛清の戌年、今年の前期はスポーツ界を揺るがしている

申年、酉年、戌年と続く粛清の時期で最後の戌年はスポーツ界が、溜まりに溜まった膿を出させられている。
日本の国技、大相撲で始まり、レスリングのパワハラ問題、そして今回のアメフトと、2020年のオリンピック開催に関連して、スポーツ界が抱えている問題点を全て曝け出す一年になりそうですね。
次はどのスポーツで粛清があるのか?
まだまだ目が離せませんね。
特に、スポーツ界でも政治の世界に置いても、全ての問題はパワハラが原因している。
即ち、権力を持っている者が、権力を傘に立場の弱いものを牛耳ろうとする。この行動に、行為に社会の眼は、待ったをかけて居ます。
今、日本社会は、権力社会を否定して、権力で支配されることを無くそうと言う時代に入ったと言うことになります。
頑張れ、日本

   
 赤い糸で結ばれた者同士とは

出生順位が同じ者同士(自分は何番目の子供か?,長男は長女との縁、次男は次女との縁が生まれます)は赤い糸で結ばれた者同士、自然な出会いが生まれ、一生涯別れることはない。
これに逆らい一時の感情で(恋愛感情で)又は、出生順位の違う者同士の無理な結婚は離婚に繋がりやすい。
特に、婿取りの女性には必ずと言って良いほど、婿入りの男性との縁が生まれやすい。しかし婿を迎えずに嫁入りした場合は、離婚に繋がる不幸な出来事が起こりやすい。(例えば、浮気するとか、借金等で生活が困難になるとか、夫婦の関係が壊れる出来事が)
必ず、出生順位の同じ者同士の結婚は、例え、困難な出来事が起こっても、夫婦の絆は壊れる事も無く、強い結び付けて困難を乗り越えていく力と強い絆が生まれます。
結婚に繋がる出会いの時期は、禄存星(恋の季節、異性運最高)、司禄星(理想の相手よりも、現実的な相手との出会い)の時期に出会い、車騎星(一目惚れ、電撃的出会い等スピーディーに進む)、牽牛星(責任ある行動をする時期)にゴールインします。
故にこの時期に出会いと結婚する確率が大変多く、多くの場合、この四年間で出会いと結婚が一番多く生まれます。
因みに、貫索星の時期は、自分の好み、結婚の条件に合致した相手との結婚の縁です。
石門星の時期は、対等な関係、同士の関係、グループ交際から発展する結婚運です。(恋のライバルも)
鳳閣星の時期は、出来ちゃった婚、精神的に甘えられる相手との出会いと結婚運です。
調よ星の時期は、出会いは少ない、失恋も、長い春にケジメを、と精神的な乱れが生じやすい。
龍高星の時期は、前年までの四年間で出会いが無かった場合、変身願望、自分を大きく変えるチャンスの時、どんどん外に出て、積極的に行動すると良いです。(年下の男性との出会いと結婚のチャンス)
玉堂星の時期は、母性愛、父性愛等年下(年の差が離れている人との縁)との結婚運です。

   
 自分は何のために生まれたか?

自分は何のためにこの世に生を授かたのか?
自分は何の目的をもって、この世に生かされているのか?
使命と役割を知り、目的をもって生きなければならない。
何故今、自分は病に悩み、心に不安を抱き、毎日が不満と戦い、苦しい、辛い、と悩みながら生きているのか?
全ての人間は幸せになるために生まれています。
しかし悩み、苦しんでいる自分が居るのは何故か?
その答えは、自分と先祖との結び付を知り、自分の宿命を知り、宿命に沿う生き方を選択して、運命を創造して生きる、そして社会的にこの身を如何に役立てる事ができるか?、自分は家族に対してどの様な役割が定められているのか?
使命と役割を知り、宿命を運命に変えて生きる事で、悩みも無く、迷いもない、幸せな生き方が出来ます。
名前には、先祖との結び付きが記されていて、役割と使命が定められています。
そして生年月日から、自分の幸せな生き方が解ります。

   
 桃太郎の昔話を

昔々お婆さんが川に洗濯しに行きましたところ、大きな桃がどんぶりこ、どんぶりこと流れてきました。このお話で始まる桃太郎のお話です。
成長した桃太郎は、ある日、きみ団子(仏さん等にあげる団子)を持って、さる、とり、いぬ(申年、酉年、戌年)を引き連れて、鬼が島(先祖の墓参り)に行きました。
即ち、12年間に巡ってくる3年間の粛清(浄化)の年になります。
宇宙の気の浄化を表しています。
鬼に伝えると書いて魂となります。
即ち、先祖の魂に会いに行く(墓参りに行く)ことです。
そしてこの前の申年、酉年、戌年には何が粛清されたのか、(行き過ぎた事に対して、反対軸に戻そうとする自然現象が起こります)そして今の申年、酉年、戌年に何が起こっているのか?.
アメリカではトランプ氏が大統領に就任しました。
何事も争いの無い平和主義が行き過ぎた、と反対軸に競争社会が生まれました。
日本では、不倫報道が過熱しました。又は政治家の不祥事も多かったですね。
2016年は、スマップの解散、芸能界の所属芸能人等のトラブル等、マイナス金利が導入された年、麻薬等も、2017年は、韓国の慰安婦像や大手企業の捏造問題、等々です。
過去の12年間の宇宙の気が一方的に傾いている気をこの三年間(申年、酉年、戌年)で行き過ぎを是正する気が動きます。
これが宇宙の法則です。
さて、今年三年間の最後の年、戌年、何が粛清させられるのか?,
我々全ての人間たちが、一人ひとり、自分を振り返り、何か行き過ぎた行動等は無かったか?,反省する時期でもありますね。
いじめ問題もありました。
権力のあるものが、権力で相手を黙らせる等、北朝鮮問題、痴漢等もありましたね。
小池百合子東京都知事も最たるもの、都民ファーストが行き過ぎた結果が、何事も遣りすぎてはいけないよということですね。

前ページTOPページ次ページ

- Topics Board -